朝日新聞の最大の誤報、吉田清治の証言による慰安婦問題

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 22:00

朝日新聞の捏造報道の一つ

「慰安婦問題」があげられます。

 

前書き

吉田清治証言と慰安婦問題に関して、ネットで知りえる範囲の情報を素人なりにまとめてみました。

 

 

1982年9月2日

朝日新聞(大阪版)で

「朝鮮の女性 私も連行 元動員指揮者が証言 暴行加え無理やり 37年ぶり危機感で沈黙破る」と報道した。

 

1983年7月

吉田清治が

済州島の女性205名を強制連行して従軍慰安婦にしたと証言する

『私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行』を出版

 

1983年11月10日

朝日新聞朝刊3面「ひと」欄で吉田の謝罪碑活動を紹介

 

1983年12月15日

吉田清治が謝罪碑を建てた

日本の侵略戦争により徴用、強制連行され強制労働された人たちへの謝罪碑

 

1989年8月

済州島、済州新聞の許栄善記者は

済州島城山浦の85歳の女性の「250余の家しかないこの村で15人も徴用したとすれば大事件であるが、当時はそんな事実はなかった」という証言を紹介、吉田清治の著作には「裏付けの証言がない」と報道

 

1991年5月22日

朝日新聞は大阪版が「木剣ふるい無理やり動員」記事で、吉田証言を再び紹介した。

 

1991年8月11日

韓国特派員ソウル発、植村隆、朝日新聞記者

「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」と題し元慰安婦の金学順について「女子挺身隊の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた」たと報道する。

 

吉田証言をきっかけに挺身隊対策協議会(挺対協)を中心に、金学順ほか元慰安婦と名乗る女性たちが次々に現れ、日本政府に対して損害賠償を求める訴訟が起きる

 

ところが吉田の話に目をつけて日本政府を相手に訴訟を起こそうとしたのは、福島瑞穂氏や高木健一氏などの弁護士で、彼らは韓国に渡って原告になる元慰安婦を募集した。(2012.08.17アゴラより

 

1992年1月11日

朝日新聞が一面で「慰安所、軍関与示す資料」を報道

この資料の中で朝日新聞は従軍慰安婦について「1930年代、中国で日本軍兵士による強姦事件が多発したため、反日感情を抑えるのと性病を防ぐために慰安所を設けた。元軍人や軍医などの証言によると、開設当初から約8割が朝鮮人女性だったといわれる。太平洋戦争に入ると、主として朝鮮人女性を挺身(ていしん)隊の名で強制連行した。その人数は8万とも20万ともいわれる。」と解説

 

1992年3月

日本の歴史家、秦郁彦が済州島で現地調査を行い、城山浦の老人が「男子の徴用はあったが慰安婦狩りはなかった」という証言を得た

 

1992年4月30日

産経新聞済州新聞の許栄善記事を発見し、吉田証言には根拠がないことを報道

 

1997年3月31日

朝日新聞は吉田の「著述を裏付ける証言は出ておらず、真偽は確認できない」との記事を掲載した

 

2014年8月5日

朝日新聞は吉田証言を虚位と認定し、記事を取り消した

「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚位と判断

 

2014年12月22日

朝日新聞社「慰安婦問題」報道に第三者委員会が結論

 

2014年12月23日

朝日新聞は慰安婦問題の掲載に関して、記事の訂正と謝罪をした

 

2018年8月

朝日新聞はネット上において英語版にて「慰安婦問題」の訂正を掲示していたのだが、「メタタグ」により検索にかからないように工作していた

 

 

以上素人なりに朝日新聞、吉田証言、慰安婦問題についてまとめてみました。

 

流浪猫

 

 

参考サイト

 

2012.08.11池田信夫氏が語る「従軍慰安婦は存在していたのか?」

 

2012.8.17慰安婦問題の主犯は福島瑞穂弁護士

 

2014.10.31朝日新聞、世紀の大誤報

 

 

sponsor link

【JCB/AMEX版】ゲイスキャFX

 

【JCB/AMEX版】Global Dream FX

 

コメント
初めまして、こちらのブログとは場違いな内容で恐縮ですが、この度は21日開票の参院選において、ブログ主様に今一度この事を思い出して頂きたく、失礼とは存じますが、書き込ませて頂きました。

国民として忘れてならない2009年、メディアの世論誘導により誕生した民主党政権でしたが、その3年間は公約をほぼ全て反古にし、1ドル80円株価8千円の超円高を誘導し、企業の倒産が激増、雇用が空洞化し、日本は経済破綻寸前まで追い込まれたのは周知の通りです。

現在、国の収益、株価、求人倍率共にバブル後の最高を記録する等、着実に経済を回復させ、脅威を増す中国や北朝鮮への対応、外交においても各国からの信頼を築いている現政権を失う事は、再び苦境の時代に戻る事を意味します。

今回の老後2千万円問題についても、野党とメディアは印象操作で国民を騙し政権を取った、2007年の再来を狙っていると思われ、報告書は年金制度自体に問題を指摘したものではない事はこちらに詳しく書かれています。
https://ttensan.exblog.jp/27649651/

一人でも多くの方が野党やメディアの実態を知り、国を守る為に皆様一人一人が報道される情報の真偽を自身の目で正しく見極め、この度ブログ主様や皆様にもその大事な意思を、是非投票によって示して頂きたいと思っております。
突然の書き込み、長文乱文お詫び申し上げます。
  • ゆき
  • 2019/07/17 10:10 PM
⇒ゆき
住みよい社会を望むのに、私たち庶民ができることは、望ましい政治家に1票を投じることでしょう。しかし、テレビ媒体、新聞などのメディアにおいて、偏向報道や印象操作された記事により多くの人たちが誤った情報を手にしているのも否定できません。
今、私たちができることは、何が真実なのかを判断し、できる範囲の中で、多くの人に真実を伝えていくことだと思います。
そして、不適切な政治家を生み出さないようにすることが国民の義務だと感じます。
  • 流浪猫
  • 2019/07/18 1:37 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM