韓国艦に攻撃すべき

  • 2019.02.21 Thursday
  • 14:28

自衛隊機が反撃したら憲法違反か

 

知人とひょんなことから

韓国火器管制レーダ照射の話になった

 

知人が言った

「あんなの直ぐに攻撃すれば

よかったのだ」

 

「憲法9条に触れるのかも」と

言うと

 

急に顔を赤くして

国際法上も問題ないし、憲法違反

にはなるわけない。

 

「人の庭に入り込んできて、

拳銃を頭に突き付けられたら

反撃するのが当たり前」

 

声を荒く言うのだ。

 

「その通りなのだが

憲法に抵触するのでは

ないでは」と言うと

 

更に顔を硬直させて

批判的な口調で

 

何度も何度も

「人の庭に入り込んできて

拳銃を頭に突き付けられたら

反撃しても何の問題もない」

言ってきた。

 

高須クリニック院長

次回からは攻撃とみなして即座に撃沈すべき

 

 

ネットで炎上しているレーダー照射問題

 

昨年12月20日以来

韓国のレーダー照射が大問題に

なっている。

 

今では、韓国の嘘の報道やら

全く筋違いの日本批判に対して

激怒する声が多くなっている。

 

ロックオン!レーダー照射!

「頭に銃を突き付けられたと同じ」

 

と言う発言がいたるところで

見受けられる。

 

如何に危険な状態だったのか

誰もが感じるだろう。

 

海上自衛隊の問いかけに対する

韓国軍の嘘や言い訳

 

北朝鮮の漁船救助という

疑わしい不審な行動

 

韓国に対する批判が

ネット上に溢れているのだが

 

 

何故?自衛隊機は反撃しなかったのか

 

銃弾が込められた

銃口を頭に突き付けられたら

いや応なしに反撃するだろう

 

一番、身の危険にさらされた

海上自衛隊機は何故反撃に

出なかったのか?

 

回避、反撃することなく

平常心で韓国軍に問いかけ

したのだろうか?

 

P1哨戒機だったので

攻撃しようにもできなかった。

 

では、哨戒機でなく

戦闘能力のある攻撃機で

あったならばどうだろうか?

 

海上衝突回避規範

国際規約のなかに

海上衝突回避規範があるという

 

法的なものではないが

21ケ国の海軍が合意している

一種の紳士協定といわれる

 

規範の内容として

レーダーを照射してはいけない

万が一レーダーを照射があった場合には

確かめましょう

 

とされているという

 

https://www.youtube.com/watch?v=VUf5OfW5-eQ&feature=youtu.be

 

 

憲法9条違反になるのか

 

憲法9条を論ずるほどの

知識がないのだが

 

知人K氏は

「憲法9条読んでみろよ」と

一層に口調を荒くした。

 

おそらく彼の情報は

地上波テレビによるものと

思われる。

 

 

憲法9条に抵触するかどうか?

以下のサイトを見て

判断して欲しい。

 

百田尚樹SP3 安保問題を国民レベルで議論しよう

 

 

流浪猫

 

Sponsor Link

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM