上野中国クラブの呼び込みぼったくり

  • 2019.01.07 Monday
  • 18:57

赤坂においては

ぼったくりの中国クラブの

減少に伴い、キャッチの女性の姿も

大幅に減少しました。

 

赤阪では稼ぐことが

出来なくなったキャッチたちは

 

新橋、赤羽、上野へと

場所を変えているようです。

 

今、かなり風紀が乱れているいるのが

上野のようです。

 

上野公園口から湯島に向かって

表通りを1本裏に入ると

上野の歓楽街「仲町通り」があります。

 

夜8時以降、仲町通りは

異様な雰囲気に変わります。

 

仲町通りの両サイドには

キャバクラや中国クラブや

マッサージの呼び込みたちが

勢揃いして出迎えてくれるのです。

 

そんな上野で問題になっているのが

「ぼったくり」なのです。

 

一人徘徊する男性

特にほろ酔いで帰宅、駅に向かう

男性に色仕掛けで声を掛けます。

 

客に声をかける方法は

15年前の赤坂と変わりません。

 

しかし、ぼったくりの手口は

悪質化しているようです。

 

2〜3時間飲んだ

お酒には弱くない男性客

 

店から出てくると

足元がフラフラしている

ばかりでなく

 

上着を脱ぎ捨て

道端に倒れこんで

しまいました。

 

記憶がとんで、

気がつくと財布の中の4万円が

無くなり、クレジットカードでは

5万円切られていました。

 

お酒に何かを混ぜられたのでは

という疑いが持たれることが

再三あるようです。

 

流浪猫

 

赤坂の安心できる中国クラブ

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM