カルロス・ゴーン日産元会長の影で責任逃れする人たち

  • 2018.11.27 Tuesday
  • 14:22

日産元会長カルロス・ゴーン氏が金融商品取引法違反(有価証券報告書虚偽記載罪)で逮捕されました。マスコミにおいてはカルロス・ゴーン氏が虚偽記載と報道しているのですが、有価証券報告書と言うものは「企業」が記載し、提出するものではないのでしょうか?

 

では有価証券報告書ってなんなのでしょうか?

 

有価証券報告書

証券取引法第24条に基づき、上場会社など有価証券発行者である会社が、事業年度終了後3ヶ月以内に、会社の目的、役員、営業及び経理等の状況及び事業の内容に関する重要事項を記載し内閣総理大臣に提出する書類。これらは公認会計士または監査法人の監査証明書を要する。

 

有価証券報告書の内容についても「取締役会」の承認が必要なのではないのでしょうか?何かゴーン氏個人が不正を働き、虚偽記載をしたとしているのだけど、何かスッキリしないですね。

 

何か事件が起きると、容疑者の過去の行動にいろいろと尾びれをつけて、「悪党」のイメージを強く世間に植え付けるのがマスコミでしょう。日々報道で騒いでいる内容って、ゴーン氏の不正問題より、日産内部における経営抗争の不満が大半のように感じるのです。日産経営陣の不甲斐なさをゴーン氏を悪者扱いする方向に転嫁しているように思えてなりませんね。

 

流浪猫

 

SponsorLink

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM