貴ノ岩が訴訟を取り下げ、真相がわからなくなった

  • 2018.10.31 Wednesday
  • 15:07

暴力事件の真相が闇に消えました

貴ノ岩が訴訟を起こしたことにより

これまでウヤムヤになっていた

事実関係がはっきりすると

期待していたのですが

 

貴ノ岩の訴訟取り下げにより

日馬富士暴力事件の真相が

また闇に消えてしまいました。

 

貴ノ岩は2場所休場しなければならなかったのか

暴力事件後、貴乃花の理事会との関係

の問題に転じて、貴ノ岩の怪我の真実

は明らかにされませんでした。

 

そればかりか、貴ノ岩の行方は明らか

にされず、2場所休場。

 

「入院」の話はあったけれども、

訴状での入院治療費436万円の根拠が

不透明でありました。

 

訴訟することは

訴状の内容を裏付ける「証拠」を

準備書面に添付するのが一般的です。

 

当初、9針縫った怪我は全治10日

とも報道されました。

 

実際、ケガの程度はどれ程だったのか

2場所休場しなければ

ならなかったのか

 

どこの病院にどれくらいの期間

入院していたのか

 

訴状が証明されれば

貴ノ岩の受けた損害もわかるの

ですが

 

根拠が不透明のまま

訴訟したことだけが先走り

 

そして取り下げされては

はっきりする事実関係も

わからなくなってしましました。

 

「被害者」は貴ノ岩

確かに、暴力事件として法的には

日馬富士が「加害者」であり

貴ノ岩は「被害者」です。

 

ですから、日馬富士は傷害罪で

略式起訴され、罰金50万円の判決を

下されました。

 

目上を敬う道徳心

「目上の人を敬う」習慣は日本だけで

なく、モンゴルにおいても同じと聞き

ます。

 

貴乃花の言葉に

「白黒ついても多くを語らず」という

理念があるにも関わらず

 

白鳳に1勝しただけで

「これからは俺たちの時代」と

のぼせ上ったことを発した貴ノ岩。

 

貴ノ岩にこの精神が備わっていれば

暴力事件は起きなかったと思います。

 

弁護士の折衝不足

貴ノ岩側では民事調停において

損害賠償金について話し合いが

されてきたと言います。

 

日馬富士側が50万円で引き下がら

なかったとは思えません。

 

むしろ貴ノ岩側の請求金額

2,413万円の根拠に疑問を呈して

いたがゆえに話合いが進まなかっ

たのではないでしょうか?

 

双方の代理人に折衝力があれば

民事訴訟を起こさず、「和解」

していてもおかしくない案件です。

 

いずれにしても

いつもながら、後味の悪い結果と

なりました。

 

流浪猫

 

関連記事:

考え方がずれているのは貴ノ岩か貴乃花か弁護士か

力士としては功績を残した貴乃花だと思うが・・・

 

SponsorLink

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM