TOKIO復活

  • 2018.05.04 Friday
  • 08:58
起きてしまったことは消すことはできない。誰でも無意識の過ちはあるもの。些細な失言を責め立て、直ぐに辞任を求めるのは、民主党だけで十分。

山口は謹慎処分として、酒の飲み方を改めるよう努力すること。

被害者もここまで大事になるとは思っていなかったのではないだろうか。

民事事件としては、「示談」が成立している。民事事件の解決策として精神的損害に対して「慰謝料」というものがある。

民事事件では「金銭」での解決より、「誠意」を訴える人が非常に多い。

山口達也の場合、「示談」は成立しているのだが、被害者や家族に心から許してもらえるよう誠意で接する必要がある。

謝罪会見として、テレビを通じて、どんなに謝罪しても、逆に許す気にならなくなる。

TOKIOの4人のメンバーが本当に被害者に申し訳ないと思うなら、被害者と家族に謝罪に行くべき。

被害者の母親のコメントが素直な気持ちだと思う。謝罪も必要だが、コメントに対して「感謝」すべき。

会見で母親の温かいコメントに感謝する人がいなかったのは残念。

山口の辞表は保管しておくべき。今後の山口の更生を信じて、保険代わりにするのがいいだろ。

TOKIOは解散すべきではない。山口が反省し、5人のTOKIOを期待するファンは多いはず。

被害者と家族に誠意を示し、心から許してもらえるよう努めるべき。ファンや社会が許してくれるよう努めるべき。

今、一番辛いのは山口本人のはず。そんな山口を見捨てるような発言は仲間でもメンバーでもない。責任をとると言いながら<辞めることは簡単なこと。社会の批判を受けながらやり直すことは大変なこと。br />

山口の更生を応援し、復活できるよう努めるのがメンバーの役割。

如何に山口の行為を社会的に許してもらうのかをメンバーの努め。非難するバカはいると思うが、それがメンバーの責任。

頑張れ!

流浪猫

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

sponsord link

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM