衆院選は消去法で

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 22:19

 

先月9月25日

安倍首相は衆院を解散した。

 

そして、小池百合子氏が

「希望の党」を発表

 

 

民進党、前原氏と小池百合子氏と

手を結ぶ方向で話が進んだかの

ように見えた。

 

 

結局は小池百合子氏の言葉を

はき違えて受け取り

 

民進党の解体となってしまった。

 

・・・・・

 

小池百合子氏が

衆院選に出るのか出ないのか

が大きな話題いのなか

 

民進党内の分裂

リベラル派と呼ばれる

枝野氏を筆頭に「立憲民主党」を

立ち上げた。

 

 

そして昨日いおいては

都民ファーストの会で尽力を

尽くしてきた

 

音喜多駿氏と上田令子氏が

希望の党を離党するなど

 

政局はめまぐるしく

一転二転。

 

複雑な中で衆院選を

迎えることになるのだが

投票が一層難しくなっている。

 

消去法で選択するのが

最善の方法なのかもしれない。

 

 

民進党

従来から、安倍打倒のスローガン

だけが目立ち、これと言った政策が

見えない。

 

公明党

また創価学会会員が

投票のお願いにくるのだろう。

目立った実績もない。

 

共産党

豊洲市場の汚染を追及し、

問題視するものの対策までには

行きつかない。

結局は民進党と同じで

与党批判だけが強いだけ。

 

希望の党

多くの人が期待をしていたと

思うのだが、何を考えているのか

ブラックボックス状態

 

立憲民主党

リベラル系というが

イマイチ方針がわからない

希望の党に受け入れられなかった

から新党を立ち上げるのでは

ポリシーに欠ける。

 

自民党

アベノミクスも実質は

経済効果に反映されない。

加計学園・森友学園問題を

うやむやのままに

消費税増税を打ち出している。

 

消去法で消していった。

全部消えてしまった。

 

さあどうしたものか?

 

流浪猫

 

sponsorlink

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

sponsord link

実戦中国語講座

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM