警察の過剰な所持品検査に損害賠償、カバンの中には「おとなのおもちゃ」

  • 2017.04.21 Friday
  • 10:22

 

2017年1月12日、神戸地裁は警察の過剰な所持品検査に対し、賠償を命じる判決を言い渡した。

 

神戸新聞によると、神戸市内の50代の男性は車で仮眠をとっていたところ、警察から職務質問を受けた。任意の取り調べなので、男性は車内の確認には応じたが、所持品のかばんについては拒否した。

 

警察との長時間のやり取りの末、中身を見せることになった。中から出てきたのは「大人のおもちゃ」だった。

 

男性は精神的苦痛を受けたとして、兵庫県に対して10万円の損害賠償の訴訟を起こした。山口浩司裁判長は、プライバシー侵害の度合いが高く「限度を逸脱している」として、兵庫県に3万円の支払いを命じた。

 

流浪猫

 

Sponsor Link

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

sponsord link

実戦中国語講座

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM