"大人のおもちゃ”で警察が損害賠償

  • 2017.03.02 Thursday
  • 04:44

人待ちで職務質問

 

仕事で書類の受け渡しのために

路肩に車を止めて

 

相手を待っていました。

 

スーッと横を通り過ぎた

1台のパトカーが

 

ハザードをつけて

前で止まりました。

 

案の定、2人の警察官が

パトカーから降りてやってきました。

 

そうです。

 

「職務質問」なのです。

 

警察官も仕事です。

協力的にトランクから

ダッシュボードから見せてあげました。

 

「手持ちのバックも見たい」と

言うので、快く承諾しましたが

 

バックの隅から隅まで

いくつもの内ポケットから

ファスナーのポケットまで見たのです。

 

「任意」の所持品検査に協力している

にもかかわらず

 

そこまで「人を見る目がないのかと」

腹立たしく、若造の警察官の行き過ぎを

攻めました。

 

これに似た職務質問は何度も受けました。

中には、徹底して免許証すら見せません

でした。

 

職務質問でカバンから出てきたものは

 

今年の1月、神戸でのことです。

 

50代の男性が職務質問を受けました。

トランクやダッシュボード検査いは

承諾しました。

 

しかし、バックの検査は拒んだのです。

 

通常2人一組での職務質問に

応援部隊がやってきて

 

その男性はカバンの中身を見せることに

なりました。

 

カバンから出てきたのは

「大人のおもちゃ」

 

男性は恥ずかしさから

カバンの検査を拒んだのですが

 

「任意」の所持品検査にも関わらず

何人もの警察官により、辱めを受ける

ことになったのです。

 

職務質問にプライバシー侵害が勝った

 

男性は精神的苦痛を受けたとして、

兵庫県に対して10万円の損害賠償を

求めて提訴したのです。

 

一般的に職務質問や所持品検査は

「任意」とされています。

 

山口浩司裁判長は、

プライバシー侵害の度合いが高く

「限度を逸脱している」として

兵庫県に3万円の支払いを命じました。

 

流浪猫

 

スポンサーリンク

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

sponsord link

実戦中国語講座

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM