【東京五輪】オリンピック競技場の整備の黒い入札疑惑

  • 2016.09.12 Monday
  • 03:49

 

「海の森水上競技場」の入札に疑惑

 

オリンピック競技場の整備費の

膨れ上がる予算額が問題になっているが

 

ボート・カヌーの競技場予定施設も同様に

当初69億円だったのが491億円

膨れ上がった。

 

公共事業が行われる場合

ゼネコンなど業者各社による「入札制度」がある

 

業者は工事予定価格以下で、入札することになる。

 

入札業者は「大成建設」1社だけ

 

公共工事の入札なのだから

数社が入札するのが普通なのだが

 

情報によると

入札は「大成建設」1社だけの入札というのだ

 

加えて入札予定価格248億9863万9680円

に対して、入札価格は248億9832万円で

わずか31万円の差という。

 

入札率は99.999%で

非常に希な結果だったという。

 

極めて異例なケースで

疑惑の念を抱かれても仕方がない。

 

東京五輪組織委員会会長森喜朗への

追及がされることであろう。

 

流浪猫

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM