【五輪レスリング】吉田沙保里は何故金メダルを取れなかったか

  • 2016.09.05 Monday
  • 02:28

 

”強い!”と感じた

 

オリンピック4連覇をかけて

アメリカのヘレンマロウリス選手と決勝戦

を戦った。

 

結果は残念ながら、4連覇は達成できなか

った。

 

吉田沙保里が、リオ五輪決勝戦を振り返り

吉田はヘレンに対して”強い”と感じたこと

で、気持ちの上で不安とタックルが決まら

ない焦りで負けていたと語った。

 

過去の栄光では勝てない

 

しかし、同じ武道をたしなむ人間からすれ

ば、吉田の敗因はそれ以前にある。

 

確かに3連覇の偉業はたいしたものだとは

思う。しかし、3連覇は過去の話なのだ。

しかも、4年前の話なのだ。

 

ヘレンとの対戦成績が2勝0敗といっても

過去の話なのだ。

 

金メダルを狙って一生懸命練習した

 

吉田に限らず、柔道選手にしても、金メダ

ルを目指して猛練習を積んできたと涙流し

ながら力説する。

 

オリンピックに出場する選手は他の競技に

しても、他の国にしても多くの選手は金メ

ダルを目指し、練習を積んでいるのだ。

 

なにもレスリングや柔道の選手だけが練習

しているのではない。

 

ましてや、相手は10歳も若い、体力的に

は上回って当然の選手。

 

ヘレンが吉田を分析

 

ヘレンは吉田の試合映像を何度も見て吉田

対策を練ってきた。

 

試合映像だけでなく、吉田のインタビュー

を翻訳してもらい、吉田の気持ちや考え方

まで研究したという。

 

ヘレンの吉田攻略法

 

吉田は”我慢強い”選手とお思った。

吉田に負けた選手は、吉田の我慢強さに粘

り負けし、パニックに陥っていたという。

 

だとしたら、吉田に負けない”我慢強さ”で

勝負したらどうなる?

 

格闘技の手技・足技といった技術的な部分

だけではなく、心理面からのアプローチを

吉田攻略のポイントとした。

 

敗因の原因は全て”思い上がり”

 

試合前に、吉田はヘレンのビデオ見て”うま

くなった”と思ったと言っている。

 

当然のことだ。

 

ビデオを見なくとも、オリンピックにメダル

を目指して練習を積んでいる選手なのだから

うまくなっていて当然のことだ。

 

思い上がりも甚ただしい。

 

決勝戦を振り返って、何故、不安や焦りが出

たのか?

 

相手を強く感じたこともあるだろうが、自信

過剰の思い上がった”鼻”をへし折られたため

に不安や焦りが普通以上に大きくなったはず

だ。

 

ヘレンにしても、ここまで勝ち上がってきた

選手なのだから強いのは当たりまえのことだ。

 

そんなヘレンに”気力負け”したのは、思い上

がった気持ちをへし折られたからにすぎない

のである。

 

流浪猫

 

スポンサーリンク

 

中高年になって始めた人たちのための、剣道上達法

 

選手の潜在能力を引き出し、能力を最大限に発揮させる!少年剣士からおとなまで誰でも実践できる実戦動画による上達法

 

 

【リオ五輪最終】レスリング女子、伊調馨に国民栄誉賞か?

  • 2016.08.23 Tuesday
  • 06:27

リオ五輪で、4連覇達成できずに

涙で騒がせた吉田沙保里は2012年

ロンドン大会で3連覇達成で国民栄誉

賞を受賞したが

 

同じロンドン大会で3連覇した伊調馨

は授与されなかった。

 

その伊調がリオ五輪において4連覇を

達成した。

 

リオ五輪の閉会式において、今大会で

活躍が顕著だった5選手が特別ステー

ジに上がることになったが、その一人

に伊調馨がいた。

 

IOC国際オリンピック委員会のトー

マス・バッハ会長も伊調の活躍を絶賛

したようで、国民栄誉賞受賞の可能性

が高まった。

 

流浪猫

 

スポンサーリンク

 

【リオ五輪】テレビでは放映されない、転倒が呼んだ感動のドラマ

  • 2016.08.19 Friday
  • 19:49

 

8月16日陸上女子5000m予選が

行われた。

 

レース途中、選手同士の接触により

ニュージランドのニッキ・ハンブリン(写真右)

が転倒した。

 

もつれあうように

米国ダゴスティーノ(写真左)も転倒。

 

先に立ち上がったダゴスティーノ

普通だったらそのまま前に走り出すのだが

 

いまだに目の前に倒れているハンブリンに

立ち上がるように声をかけた。

 

起き上がったハンブリンとともに

ダゴスティーノは走り始めた。

 

しかし、倒れていたハンブリンよりも

ダゴスティーノのほうが足を痛めていた

 

 

今度は、ハンブリンがダゴスティーノを

助け、最後のゴールをめざした。

 

結果は最下位だったが

リオ五輪で初めて顔を合した2人が

お互いを励ましあって

ゴールしたのだ。

 

 

2人のスポーツマンシップを称え

オリンピック委員会は特別の配慮で

2人を決勝進出とした。

 

しかし、ダゴスティーノの、

右脚の前十字じん帯と半月板、

複数のじん帯の損傷がひどく

 

ダゴスティーノは辞退することに

なった。

 

金メダルだけに目を奪われ

「相手を倒す!!」

と敵対心むき出しの選手に一喜一憂

するメディアの影に

 

心温まる感動のドラマが

展開されていたのであった。

 

関連記事

感動スポーツ、リオ五輪、米国とニュージランドの選手助け合い

予選で接触転倒のダゴスティーノ、決勝辞退

 

流浪猫

 

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したスポーツメンタル強化の専門書

 

 

【リオ五輪速報】レスリング女子、吉田沙保里決勝の結果

  • 2016.08.19 Friday
  • 05:57

 

リオ五輪19日、レスリング女子53Kg級

吉田沙保里は準決勝でベネズエラの

ベツァベス・アルゲリョに勝ち

 

アメリカ、ヘレン・マルーリスと

決勝戦で金メダルを競うことになった。

 

積極的に攻撃を仕掛けながらも

バックを取られ

 

1−4

 

で4連覇の夢は破れた

 

表彰式において

銅メダルの2人が嬉しそうに

堂々としているのに対して

 

金メダルを取れなかったことで

めそめそと

「金メダルを取れないとは

思っていなかった」と

涙を流す吉田を見て

 

レスリングの器の小ささに

がっかりさせられてしまった。

 

流浪猫

 

元世界選手権日本代表、坂本竜介のバックハンド完全マスターDVD

 

視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

 

 

【リオ五輪】卓球ってラケットを大事にしないんだね

  • 2016.08.18 Thursday
  • 15:57

 

中国に負けたものの

銀メダルという快挙を成し遂げた

卓球男子。

 

VTRを見ていた孫が言いました。

 

「剣道の先生は、竹刀を投げたり、踏んだり

またいだりしたら、すごく怒るよ」

 

「竹刀は大事に扱いなさい」と教えて

くれたよ。

 

「水谷のおじちゃんは

試合に勝って、いつもラケットを放るね」

 

「ああそうか。卓球ってラケットは

大事じゃないんだ」

 

流浪猫

 

子供たちの柔道育成に力をいれている「田口教継」の柔道上達革命

 

柏武道館館長、菅野豪教士八段が教える「少年剣道上達プログラム」

 

 

 

【五輪】剣道が何故オリンピックにならないのか

  • 2016.08.18 Thursday
  • 14:03

 

日本のお家芸の一つ「剣道」

 

「剣道」は知っていても

選手の名前を知っている人は少ない。

 

毎日、話題の中心はリオ五輪

 

日本の伝統的武道でオリンピックに

参加しているのは「柔道」だけです。

 

何故、剣道がオリンピックに

参戦しないのか?

 

・・・・続きを見る

 

流浪猫

 

剣道教士七段、九州共立大学スポーツ学部教授が教える「常歩(なみあし)剣道」の秘密

 

少年剣道指導歴45年、柏武道館館長、菅野豪八段の「子供の剣道上達法」

 

 

知られざる卓球界における闇の暗黙のルール

  • 2016.08.17 Wednesday
  • 12:59

テレビメディアでは絶対に放映しない

卓球界の闇の情報がある。

 

卓球の試合では、 10−0になった時点で

リードしている側が相手に1ポイントを

与えて「完封」を避ける暗黙の了解がある。

 

中国中央テレビ(CCTV)記者の李武軍

(リー・ウージュン)氏が、中国版ツイッ

ター・微博(ウェイボー)で明らかにした。

 

 

2016年8月13日(日本時間)

リオ五輪卓球女子団体の1回戦、

日本対ポーランドとの第3試合の

第3ゲーム。

 

日本チームが10−0でリードすると、

福原は伊藤に対し、相手に1ポイントを

与えるよう進言したという。

 

福原は2014年の仁川アジア大会、

卓球女子団体のモンゴル戦で

 

11−0で相手に勝利して

中国チームの孔令輝(コン・リーフイ)

監督から皮肉られたという。

 

今回の試合後、福原は「私は4回目の五輪で

経験もある。相手に恥をかかせてはいけない。

孔令輝にからかわれたくないので」

 

とコメントしたと言う。

 

 

流浪猫

 

子供たちの柔道育成に力をいれている「田口教継」の柔道上達革命

 

柏武道館館長、菅野豪教士八段が教える「少年剣道上達プログラム」

 

 

【リオ五輪】日本柔道、井上康生監督の苦悩と努力の結晶

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 14:21

 

ポイント制というルールの柔道

「金メダル」にこだわりすぎる風潮のある

柔道にいささか嫌悪感があった。

 

襟や腕を掴んで攻めるのは良いが

足払いを避けて、腰を引いて戦う柔道は

柔道着をきたレスリングだ。

 

しっかりと組手を取って戦えばいいのかも

しれないのだが、ポイント制の導入により

パワーまかせでポイントを狙う外国勢が増

えたと言う。

 

そのために、きれいな柔道をしようにも

ポイント狙いで逃げまくる外国勢を相手に

本来の柔道をすることは難しいとも聞く。

 

「効果」「有効」のポイントを取られ

ポイントを取り戻そうと、焦りのなかで

無謀な攻めを行う。

 

柔道のメダル獲得者にはポイントを先取

した後、時間切れを待つ選手が多い。

 

銅メダルで悔しがる日本人選手。

外国勢がポイント制を重視した柔道をする

からと言うのは「言い訳」だ。

 

同じルールの下で戦っているのだから負け

は負けで、それだけの実力ということを

認める潔さがなければならない。

 

銅メダルで悔しいのなら、先にポイントを

取る稽古を積み重ね、早くポイントを取る

あとは時間がくるまで、逃げまわる稽古を

すればいいのだろう。

 

でも、そんなことで「金」をとっても価値

はないのは誰もがわかるはずだ。

 

 

 

井上康生監督の苦悩

実戦的に戦うという技術レベルや実績と

監督とか指導という世界は全く別の世界

なもので、実戦的能力が高くても競技の

向上に対する考え方、人への指導力、人

としての資質などが必要となる。

 

今回34歳という若さで、リオ五輪の柔道

監督に就任した井上康生は悩んだと聞く。

 

現役時代、内股を得意技としてシドニー

大会では100Kg級で金メダルに輝いた。

 

しかし、現役の終盤は、圧倒的なパワーで

日本選手の技術や間合いを封じる外国選手

が台頭する中、一本を取る柔道を最後まで

追い求めて敗れた。

 

代表監督となった今、

現役時代と同じように一本を狙う柔道を

目指すのか、それとも勝つためにポイント

狙いの戦い方を選ぶのか迷ったという。

 

気持ちだけで1本をとることはできない。

1本を取るために何が必要なのか?

何をしなければならないのか?

 

 

外国人に負けない筋力作り

 

故元横綱千代の富士関は、相撲界においては

小柄な体格でありながら、大きな相手と戦い

「横綱」という地位を勝ち取った。

 

関取が行ったことは

●まさしく筋力アップトレーニング

●大きな人相手の技を磨くこと

 

井上監督は一本を取る柔道を目指したと思う。

 

しかし、パワーのある外国勢に対抗するのに

今のままでは一本を取ることは難しい。

 

そこで行ったのが、代表チームにスポーツ

医学の専門家を招き、筋力作りに取り組んだ

という。

 

 

ロシア「サンボ」を逆輸入

 

次に目を向けたのは

外国勢がポイントを取りに来る絞め技。

 

外国勢の絞め技に対応するために

ロシアの格闘技「サンボ」を取り入れた

という。

 

「サンボ」の根源は柔道なのだ。

帝政ロシア時代にワシリー・オシェプコフ

は日本の講道館にて嘉納治五郎のもとで

柔術を学んだと言う。

 

ソ連式フリースタイルのレスリングも

初めは日本式柔道だったという。

 

井上康生は素直にサンボの強さを認めた

のであろう。

 

サンボの利点を部分的に取り入れた稽古

を徹底して行ったという。

 

 

審判員は絶対ではない

水泳や陸上競技のようにタイムや距離を

競う競技は勝ち負けがはっきりわかる。

 

しかし、柔道のように審判員の判断に委ねる

競技は、審判員の判定に不服があることも

良くある。

 

ましてや、柔道のように「指導」「効果」

「有効」「技あり」「1本」と細かい判定基準

があれば、審判員のミスジャッジがあっても

仕方ないことなのだ。

 

だからこそ「1本」という絶対的な技で勝つ

ことが重要となるのだ。

 

 

柔道の立役者 大野将平

金メダルに固執することしか言えない見苦

しい柔道であったが、本来の柔道の姿を見

せたのが、大野将平選手だろう。

 

対戦前の「礼」は柔道本来の「礼に始まり

礼で終わる」理念を態度で示してくれた。

 

加えて、井上康生が目指すところの一本勝

ちを実現してくれたのだ。

 

逃げ惑う外国勢を威圧で攻めより、

「機を見て技を仕掛ける」彼の柔道は

井上康生が求めるところの柔道であったの

ではないだろうか。

 

少なくとも、柔道ファンにとっては理想的

な柔道をしてくれたと思う。

 

 

世界に日本柔道の強さを見せた大野選手が、

井上監督が求めた道をもっとも体現した試合

が、決勝だったという。

 

相手は世界ランキング2位のアゼルバイジ

ャンの選手。体を密着させて技を繰り出す

戦い方を得意とする今年のヨーロッパ王者

に対し、大野選手はあえて相手の土俵で戦

うことを選んだ。

 

「外国選手のパ ワーに負けないよう筋力を

鍛え抜いた。密着した状態から投げる練習

も重ね、自信はあった」。

 

その言葉どおり、相手との力勝負でも組み

負けず、序盤で技ありを奪って主導権を握

り、試合開始から3分すぎに、互いの体が

密着した状態から見事に足技で一本を奪い

日本男子に2大会ぶりの金メダルをもたら

した。

 

 

大野将平の活躍で、影が薄くなってしまったが

90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋選手

も本来の日本柔道を貫いたとして、称えるべき選手

といえる。

 

(NHKニュースウェブ、山口哲史記者の記事を

一部流用しました。)

 

流浪猫

 

子供たちの柔道育成に力をいれている「田口教継」の柔道上達革命

 

柏武道館館長、菅野豪教士八段が教える「少年剣道上達プログラム」

 

 

 

 

【リオ五輪】金を取っても喜べない競技

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 13:06

 

日本のために戦って欲しくない

 

「日の丸」をかけて戦う

と軽く口にする選手が多い。

 

「日の丸をかけて」とは金メダルを必ず

取ると言うことではない。

 

メダルを取るのは全て「個人レベル」の

ものだ。

 

世界的な舞台で、スポーツマンシップを

失った恥ずかしい態度をとることはもっ

て他だ。

 

自分が使うラケットを喜び勇んで、放り

出す。自分の道具を粗末にするような人

間にメダルの資格はない。

 

これは個人レベルのことではなく、

卓球の世界の指導者のレベルに問題があ

るようだ。

 

卓球界もメディアも彼の功績を称えるだ

ろう。ドイツのHAN選手が床に寝そべっ

て喜びを表現する姿に苛立ちをもったの

ではないだろうか?

 

しかし、同じことを水谷がやっても何も

言われないどころか、メディアもコメン

テーターも彼を褒めたたえるだろう。

 

個人の資質に問題あり

オリンピックだけでなくスポーツでも

格闘技でも相手に勝つことにより

 

自分の実力を確信するためのものだ。

 

世界一を狙うことはすばらしいことで

ある。しかし、過度に勝ち誇った態度

は対戦相手をバカにしているにほかな

らない。

 

大切なラケットを投げ出したり、床に

寝そべっての勝ち誇る態度を見て喜ん

でいるのは、卓球業界の人たちと日本

のメディアだけで、世界の目はどのよ

うに見ているのか?

 

卓球業界全体が反省すべき点ではない

だろうか?

 

これは水谷だけのことではなく、女子

が中国に勝てない原因にもあるはずだ。

 

伊藤美誠が「先輩にメダルを持って

返らせたい」と美談のように水泳団体

の人たちの言葉を借りて言っていたが

 

これも水泳選手たちの心からの気持ち

などわかっていない。まあ15歳の少女

だから仕方ないのだけど

 

水谷は27歳という、卓球界では先輩の

立場にいる人間だ。

 

柔道金メダリスト大野選手は戦いの場

所を離れて初めて、喜びを表した。

 

結果よりも、内容を大切にするという

体操の白井選手は、着地が決まっても

決して「ガッツポーズ」などしない。

 

金メダルをとってうれしくない人は

いないだろう。

 

しかし、それを勝ち誇り、人に誇示する

のは、人間的資質の欠如でしかない。

 

政治家が選挙で勝って「バンザイ、

バンザイ、バンザイ」

 

見っともないとは思いませんか?

 

卓球を行っている若い人たちが、背中

を見ていることを忘れてはならない。

 

流浪猫

 

元世界選手権日本代表、坂本竜介のバックハンド完全マスターDVD

 

視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

 

 

【リオ五輪】卓球男子団体銀メダル確定

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 05:56

 

リオ五輪、卓球男子団体で

水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴3名が出場

ドイツと準決勝を戦った。

 

日本 3−1 ドイツ

 

の戦績でドイツを破り

銀メダルを確定し、決勝へ進んだ。

 

流浪猫

 

体が小さい子が勝つための、田口教継の柔道上達革命

 

教師8段菅野豪先生が教える「少年剣道上達プログラム」

 

水泳世界選手権のプロのコーチのタイムを縮めるスタート&ターン

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

sponsord link

実戦中国語講座

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM