福田事務次官これはアウト

  • 2018.04.19 Thursday
  • 22:09

福田事務次官のセクハラ疑惑問題で新たな録音テープが公開された。これが真実であるならば、完全にアウト。
それでも、セクハラ行為を否定するならば、世論が納得できる証拠を出さなければならないだろう。
週刊誌を通じて告発した女性にも感心できないが、事務次官と言う立場で、行き過ぎた言動は、言葉遊びでは済まされない。
流浪猫

SponsorLink

増大するセクハラ問題

  • 2018.04.19 Thursday
  • 22:08

君かわいいね、彼氏いるの?など軽い気持ちで交わす会話ですら女性が「セクハラ被害」と訴えれば、極悪人扱いされる可能性がある。
福田事務次官に関して報道の内容が真実であるならば、政務次官と言う立場としてあるまじき言動と言わざるを得ない。かつ発した言葉は言葉遊びとしてはレベルが低くすぎる。
しかし、「セクハラ行為」の概念が狭まり、何でもかんでも「セクハラ」と騒げば、女性は「被害者」として擁護される。
福田事務次官を批判する男性についても「明日は我が身」になる可能性が高い風潮のようだ。
流浪猫

SponsorLink

セルハラ問題、陰湿な仕打ち

  • 2018.04.19 Thursday
  • 22:08

福田事務次官のセクハラ問題で告発した女性記者はテレビ朝日の社員と言う。
セクハラで精神的損害を受けたなら、貴乃花親方のように公の機関に民事訴訟を起こせばいいものを、何故週刊誌なのか?
流浪猫

 

SponsorLink

野党に何ができるのか?

  • 2018.04.19 Thursday
  • 22:07

安倍総理や麻生氏の退陣を追求するのは勝手だが、辻元、玉木、蓮舫に彼ら以上の資質があるのだろうか?他人が傷つけた傷跡に塩を塗っているだけではないだろうか?
流浪猫

 

SponsorLink

叩けば埃が出る

  • 2018.04.19 Thursday
  • 22:07

米山知事の女性問題にしても、辞職する必要はないだろう。マスコミ記者もきれい事で金儲けしているコメンテーターも自分自身を顧みれば、必ず埃が出るはず。

流浪猫

 

SponsorLink

「きれいになったね」もハラスメント

  • 2018.04.19 Thursday
  • 22:07

セクハラ、パワハラで騒がれている。男女平等より男性の立場が脅かされる社会。
*最近痩せたね
*きれいになったね
*ちょっと太った?

何でもない会話が、「セクハラ」として訴えられ、人生を棒に振る社会。
流浪猫

 

SponsorLink

福田事務次官セクハラ問題

  • 2018.04.19 Thursday
  • 22:06

女性記者の音声データ、どこまでが真実なのか?
文春の記事はいつも「疑惑」。確実な物的証拠に欠ける。

流浪猫

 

SponsorLink

福田事務次官のセクハラ問題

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 09:30
レスリング業界のパワハラ問題に続き、今度はセクハラ問題。
世の中真実がはっきりしないのに、全て訴えた側が正義として報道する傾向がある。
電車内で「この人痴漢です」と訴えられたら、冤罪でも犯罪者となってしまうのと同じ。
音声データの信憑性は誰が話をしているのか?福田事務次官を擁護する訳ではないが、新潮側の記事の信憑性を明らかにできるだけの証拠が必要。
誰々が言っていたなどの証言は信憑性のある証拠とは言えない。
仮に女性記者が「おっぱい触らせて」と言われたとしたら、「今度、別の機会にね」とボケで返せば、笑いで終わるものをすぐに「女性蔑視」とか「セクハラ」と騒ぐ必要もないのではないだろうか。

流浪猫

森友学園、証人喚問、佐川氏の素晴らしい対応

  • 2018.03.29 Thursday
  • 01:50
森友学園の8億円値引き疑惑に関して、佐川氏の証人喚問が行われた。
証人喚問で何かが解明されるなど思っていない。結局は茶番劇が繰り返されるだけだ。
案の定、今回も、「刑事訴追を受ける可能性がある」として、50回近く答弁が拒否された。
いくら多勢の人間が5分足らずの質問時間で質問したところで、問題を解明できないのである。鋭い質問ができる人間が限られるからだ。
質問者を絞り、鋭い質問に時間をかける対策が野党には必要だろう。
さておき、佐川氏の答弁には怒りを感じるのだが、顔色を余り変えず、淡々と質問に応じる。
想定外の質問に慌てたり、過激なヤジに感情を荒立てたりする証人がいるものなのだが、平然と自分がすべき答弁の骨子を崩さず、質問に対応する姿勢には感心する。精神的プレッシャーがあるとは思うのだが、いくら非難されようが、こうまで不安や緊張感を感じさせない対応は誉めなければならない。
流浪猫

梅宮辰夫が30針の大怪我

  • 2018.03.19 Monday
  • 09:55

梅宮辰夫氏が80才のお祝いの日に、会場で転んで、顔面を30針縫う大怪我をしました。
顔に包帯をして、お祝いの席上で感謝を表しました。
完治まで一ヶ月といいます。
九針の怪我で五ヶ月近く様態がすぐれないと言われた貴ノ岩。結局真相は明らかにされなかった。
流浪猫

 

SponsorLink

スーパースキャルピング225-2

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

sponsord link

実戦中国語講座

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM