真珠湾攻撃は起こるべきして起こった

  • 2019.03.28 Thursday
  • 14:51

学校の歴史授業では

知ることができない

間違った戦争観

 

何故日本が戦争を始めたのか

何故戦争に負けたのか

 

第二次世界大戦の真実を

青山繁晴と百田尚樹が

 

生き証人の証言と

数々の当時の写真により

明らかにしています。

 

アメリカの軍人たちは

神風特攻隊を尊敬している

 

知られざるアメリカ側の

日本に対する認識

 

真珠湾攻撃は

奇襲作戦ではなかったなど

 

とても価値ある動画配信だと

思います。

 

老若男女、

是非とも見て欲しいと

思います。

 

 

青山繁晴×百田尚樹が語る『終戦の日と日本人』前編

 

青山繁晴×百田尚樹が語る『終戦の日と日本人』後編

 

 

流浪猫

 

 

 

面倒なことから逃げ回る行政

  • 2019.02.06 Wednesday
  • 13:42
交通の妨げにならない場所でも5分でも許さないで、「駐車違反」のきっぷを切る簡単な作業はするくせに
10歳の少女が父親のDV虐待を訴え、何ヶ月経ても、父親の脅しから逃げ回リ、少女を死に追い詰めた教員や児童相談所。
大人として、職務として責任を問われなければならない。

流浪猫

選挙権の年齢制限60歳

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 15:35

AI時代を幸せに生き抜く方法

近い将来というより

既にAI時代に突入しているという。

 

コンピューター、ロボットにより

人間の仕事が脅かされる不安が

叫ばれているのだが

 

「AI時代を幸せに生き抜く」方法

と題して田原総一朗の司会による

「朝まで生テレビ」で激論が

行われた。

 

 

AIとは何なのか?

AIに関して堀江貴文氏や

落合陽一氏は

 

民進党の小西洋之氏や

自民党の問題女史豊田真由子

を撃破する。

 

2人ともやっぱり政治家だ。

 

若い人たちの考え方に

聞く耳を持たず

自分の意見を曲げない。

 

結局はAI時代を理解していない。

 

というより

堀江氏や落合氏にすれば

簡単なことだというのだが

 

私のような年寄りには

難しくて、すぐに理解できない。

 

頭の固い国会議員

AI時代が来ているのに

古い体質のままで

政治が行われているのは

恐ろしいことだ

 

国会というくだらない

舞台に無駄な時間と税金を

使っていても

改善する気持ちさえない。

 

こんな国会議員を

誰が選出したのか?

 

選挙権の年齢制限

平成27年6月、公職選挙法の一部を

改正する法律が成立し、平成28年

6月19日より、選挙権年齢が20歳

以上から18歳以上に引き下げられた。

 

法の改正により

より若い人たちの選挙への参加が

行われるようになったのだが

 

高齢化社会といわれる現在

高齢者の選挙への参加者は増える

一方だろう。

 

結局は古い頭の人たちが

頭の悪い議員を選んでいるのでは

ないだろうか?

 

いつの時代でも同じだが

若い人たちが

 

柔軟な考え方で

新しい時代を築き上げて

いかなければならない。

 

そのためには

老兵たちは口をはさまない方が

いいのかもしれない。

 

民主主義に反するかも

しれないが

 

選挙権の最高年齢を60歳とか

65歳に制限したらどうだろうか。

 

流浪猫

 

SponsorLink

 

坂上忍、バイキングを降板の日

  • 2018.11.03 Saturday
  • 20:45

 

フジテレビ、バイキングで

批判を集めているMC坂上忍。

 

宮迫博之、小藪千豊、やくみつる

サンドウィッチマン伊達みきお

たちとバトルを繰り広げ、出演者

からも嫌われ者となっている。

 

しかし、実のところ坂上自身

バイキングを降りたがって

故意に悪者になっているのかな?

 

坂上個人の意見に反して脚本に

従っての言動なのかもしれない。

 

そんなことはないだろうけど

次はどんなバカなバトルを

誰とやるのか

 

ついついチャンネルを

フジテレビに回してしまう。

 

優等生的でつまらない

コメントをする薬丸に対して

坂上がいつキレるのか?

 

楽しみでしかたなく

結局はバイキングの視聴率に

貢献してしまう。

 

流浪猫

 

SponsorLink

 

何を着ても自由なのですが…

  • 2018.10.11 Thursday
  • 08:15
好きな洋服を着る。どんな格好しようと自由ですが

寒くなったり暑くなったり気候が異常とも思える日々です。

でも、ここ数日間は22〜23度と過ごしやすい日々が続いています。

しかし、今日ちょっと驚く女性を見ました。

厚手の毛のスカートに革ジャン。加えてロングマフラー。

今日の気温22度。薄手の長袖のシャツ1枚で丁度良い感じです。

何を着ても自由なのですが…きっと冷え性の女性なのでしょうね。

流浪猫

坂上忍がパワハラで炎上する日

  • 2018.09.24 Monday
  • 03:11

宮川紗江が訴えた

塚原夫妻のパワハラ問題を

 

速見コーチの暴力問題に

すり替えて

 

とことん速見コーチの暴力への

批判をし続ける坂上忍バイキング。

 

そんな坂上忍が

年下のジョイのため口に

キレて暴力。

 

そんな一場面をご覧ください。

坂上忍、JOYに「タメ口はやめろよ!」

 

流浪猫

 

SponsorLink

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

あなたを幸せにする財布

 

朝日新聞記者たちの偏見

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 02:03

小生が学生の頃

大学受験のためには

朝日新聞の社説を読むことが

重要なことであった。

 

そんな国民の信頼を受けていた

朝日新聞だが

 

1980年代における

「慰安婦問題」において

 

「日本人が20万人以上の

朝鮮人女性を強制連行し、

性奴隷として酷使したという

吉田清治氏の「吉田証言」。

 

1983年 吉田清治

『私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行』

が、真実性の根拠もないことを

知りながら、連載した。

 

しかし、吉田氏はこの著書が

「フィクション」であることを

認めたのだ

 

朝日新聞社:

記事を訂正お詫びいたします

 

 

橋下徹大阪知事、朝日新聞にキレる

橋下氏が大阪知事だったころ

記者会見により

朝日新聞記者とのやり取りが

ある

 

違法性のない橋下氏に対し

「弁護士資格を返上しろ」という

朝日新聞。

 

橋下氏に20分設問攻めにあう記者

 

 

言葉の理解ができない女性記者

国歌の規律斉唱に関して

橋下知事に質問する女性記者

 

橋下知事の言葉に聞く耳を

持たずして

 

頑なに持論を振りかざす

取材能力のない女性記者

 

言葉の意味を理解できない

頭の悪い記者が記事を書くから

 

間違った報道が

堂々と公に過ちを流すことに

なる

 

勉強不足を指摘される低レベルの女性記者

 

 

朝日新聞子会社の輪転機が止まっているという

朝日新聞に限らず

報道に携わる記者たちの

知識不足や取材能力が無くな

っていると言われる。

 

新聞、テレビ報道番組が

真実を歪めて報道することの

マスコミの責任を

「報道の自由」で誤魔化しては

ならないだろう。

 

朝日スペシャル。どうなる朝日新聞!

 

流浪猫

 

SponsorLink

 

使い物にならないDocomo、Wi-fi

  • 2017.10.22 Sunday
  • 23:04

家ではパソコン用のWi-Fiを使い

外出のときはドコモWi-Fiを

使えばいいと思い

 

データー通信量を2GBに

押さえている。

 

外出先でインターネット接続

すると

 

データー通信量の制限を超えて

しまうので

 

極力ドコモWi-Fiを使おうと

セブンイレブンやファミリーマート

近辺で接続を試みるのだが

 

ドコモWi-Fiに接続するのに

時間が掛かる

 

しかも手動で接続しないと

自動的に簡単に接続してくれない。

 

ドコモショップ内で

ドコモWi-Fiへ接続しようとしても

接続できない場合もあるほどだ。

 

ドコモWI-Fiへの接続の料金は

実質無料なので、仕方ないが

 

それでもドコモの通信を利用して

 

いるのだから

 

ドコモWi-Fiを利用しやすく

してほしい

 

古いスマートフォンやタブレットなど

2台目から月額300円で

ドコモWifi使い放題とあるのをみて

 

使い物にならない「使い放題」に

300円を支払うのは考え物だと

思う。

 

流浪猫

 

Sponsor link

 

フジ・バイキングは雑談会

  • 2016.09.23 Friday
  • 13:03

バイキングは不勉強な人の雑談会

 

例のごとく、豊洲市場の「盛り土」問題

芸能界の組織体系と都議や大手企業の

組織体系は違う。

 

芸能界の組織体系を基準に

個人的な意見に同調しあっていては

問題の本質を正確に伝えることはできない。

 

ましてや

毎日特集で報道しているにも

関わらず、知識がずれたりしている。

 

せっかくコメンテーターに

都議音喜多俊、政治ジャーナリスト鈴木哲夫

東国原英夫、衆議院議員横粂勝仁を呼んで

いるのに、

 

知ったかぶりした芸人や勉強不足の芸人たちが

本題をそらしてしまう。

状況を正確に把握できない。

日本語がわかっていない。

 

音喜多氏も東国原氏も鈴木哲夫氏も

低俗な報道番組に出演すべきではない。

とにかくもったいない。

 

アナウンサーの榎並 大二郎氏も

良く頑張って、わかりやすい説明を

していると評価する。

 

梅沢さんは「俳句」では名人だけど

コメンテーターでは凡人ですよ。

 

これでは視聴率低迷しても仕方ない。

番組制作者の責任だろう。

 

バイキング・グッディのハッタリ

 

坂上忍や安藤優子の口から

 

「バイキングの独占情報」「グッディの独占

インタビュー」の言葉を耳にします。

 

何が「独占」なのかわからないけれど

番組で激論交わされる内容は

 

他の新聞マスコミはもとより

個人のブロガーでも、すでに投稿されて

情報としては「古い情報」が多い。

 

番組視聴者は絶対に勘違いしないで

欲しいものです。

 

流浪猫

 

【相場師朗】 7step株式投資メソッド

 

SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」。レスポンシブWebデザインにも対応!

 

 

 

【特別報道】「反戦」を訴え続けて71年、101歳のジャーナリスト死去

  • 2016.09.09 Friday
  • 16:44

 

また一人戦争の無残さを知る人が消えた

 

戦争を知る人がだんだんいなくなっていく。

去る8月21日、反戦を訴え続けたジャーナ

リスト、ムノタケジさん(本名武野武治)が

老衰のため死去した。

 

昭和20年(1945年)8月15日の終戦

から71年、日本は平和な生活を送ってきた。

 

そこには、戦争の無残さを知っている人たち

がいたからこそなのだが、戦争の悲惨さを体

験として語れる人たちが、いなくなってきて

いる。

 

ムノタケジ、1940年(昭和15年)朝日

新聞社に入社。42年インドネシア上陸作戦

に従軍特派員として出向いた。

 

 

戦争は人間を「本能」だけの獣に変える

 

そして、戦争が人間の理性を消し去り、単な

る「本能」だけの獣に変えた実態を見てきた。

 

略奪した土地の女性たちを並べ次から次へと

犯した。

 

女たちのそばには旦那か恋人かわからないが

男たちが横たわっていたという。

 

こんなむごい光景を目のあたりにしながら、

「戦争の本当の姿を伝えられなかった」

「戦意を高揚する記事」を書き、国民を騙

してきたジャーナリストとしての責任を感

じて、終戦の8月15日に朝日新聞社を辞

めた。

 

ムノケンジ氏は朝日新聞社を辞めたのが一生

の恥辱という。

 

 

売られた喧嘩は買います

 

街中で「肩がぶつかった」「足を踏んずけた」

など些細なことで喧嘩になることがある。

 

他愛もないことで、そんな喧嘩の場面を見て

も目もくれす素通りする人、野次馬根性で見

物する人、いずれにしても他人事なのだ。

 

これがヤクザの抗争で山口組と神戸山口組の

銃撃戦の抗争となると、他人事とは言ってら

れない。

 

住民も国も批難を浴びせ、法律を盾に取締り

の強化を行う。

 

他愛もない口喧嘩やちょっとしたつかみ合い

が「銃」という武器が使用されることになる。

 

それが、国と国の喧嘩になれば、他人事では

ない。「銃」と言う武器がミサイルといった

大勢の人を死に追いやる武器に変わる。

 

 

殺さなければ殺される

 

戦争は人間を本能だけの獣に変えるという。

相手を殺さなければ、殺される

自分が生き延びるために、相手を殺す。

 

殺し合いを始めたら、止められなくなる。

 

それが、戦争だという。

 

「絶対に戦争はすべきではない」と反戦

を訴え続けてきた。

 

「日本国憲法があったおかげで戦後71

年間、日本人は1人も戦死せず、相手も

戦死させなかった」

 

これが彼の最後のスピーチとも言われる。

 

 

集団的自衛権は戦争の始まり


羽鳥慎一のモーニングバード”そもそも

総研”ではジャーナリスト玉川氏がムノ

タケジ氏が亡くなるまで、特集を報道し

て、若い人たちに「反戦」を訴え続けて

きた。

 

安倍政権は憲法9条、集団的自衛権の法

律改正を推し進めようとしている。

 

これはまさしく”太平洋戦争”勃発当時の

様相で、極めて危険な状態だという。

 

日本において「戦争反対」については

誰しも異議を唱えないであろう。

 

しかし、北朝鮮のように世界を無視して

何を仕出かすかわからない国がある。

 

個人の喧嘩にしても、ヤクザの抗争にし

ても、”望んでいなくとも”一方的にけし

かけてくる場合もありうるのは否定でき

ない。

 

”逃げるが勝ち”として逃げることを推奨

する人もいれば、自己防衛のための護身

術を会得する人もいる。

 

しかし、悲惨な戦争という争いを「起こ

さない」「食い止める」「火に油を注が

ない」政策が必要になるのだろう。

 

 

戦争の悲惨さを伝達する人々

 

戦争の体験を伝える人が、一人一人亡く

なって、あと10年いや5年で一人もい

なくなるのではないだろうか。

 

でも、その人たちの体験や思いを”伝達”

することはできる。

 

何も知らないで、笑っている子供たち

これから生まれてくる子供達が、平和

な人生が送れるようにすることが人と

しての責任かもしれない。

 

モーニングバード玉川氏、東京新聞編

集委員佐藤直子、ムノタケジ氏の意志

を引き継いで、真のジャーナリストと

として頑張ってもらいたい。

 

流浪猫

 

スポンサーリンク

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM