坂上忍にいじめられるブラマヨ吉田

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 14:13

日本相撲協会の評議員会の池坊保子

議長がバイキングのインタビューに

答えた。

 

貴乃花親方に対して「嫌いではない

ですね。素敵な方です。」

 

「だけど、マフラーをしたままとい

うのは理事会の席ではふさわしくな

い。」

 

「次のリーダーを目指し、改革をし

たいのなら、ひとりでも多くの理解

者を増やしていってほしい。」

 

礼を欠いていた発言については

「先輩のことは大切し、礼を尽くす

ことは必要なこと。」

 

「貴乃花親方がいつも、若い衆に

対して、相撲道は礼に始まり礼に

終わると言っていたことに感動し

たものです。」

 

「そんな貴乃花親方は礼に欠けて

いたのではないかと思います。

残念と思う気持ちで、皆さんの代

弁をしたのです。」

 

「しかし、ネックレスも指輪もや

めました。していると礼に反する

という人もいます。」

 

「誠心誠意お答えしても、悪口を

書きたいと思っている人はいます。

内容ではなく、ただあげつらうだ

けのことに傷つけられました。」

 

「テレビに出るのは、これが最後!」

 

「ないことないこと、過去のことを

ほじくって家族にも迷惑をかけます。

ですからテレビに出るのはこれを最

後にします。」

 

といった池坊議長へのインタビューが

行われた。

 

https://www.youtube.com/watch?v=XQJvmFK2mwQ

 

 

今回のインタビューを見て、

「どう感じましたか」とMCの坂上忍

参列者に振るのだが

 

その中で「このインタビューを見て、

単なるセレブと思っていたが、ちゃ

んとした方だなと思いました。」

 

とコメントしたのブラマヨの吉田。

 

この吉田に対して

 

「あなたの場合は逆、逆へ行くから

めんどくせーな」

と声を高らかにする坂上忍。

 

貴乃花親方の礼を欠いていたことに

関しては

 

「私もそう思いますよ。マフラーを

したままふんぞり返っているのは、

誰が見ても礼に欠けている」

 

というのはスポーツ文化評論家の

玉木正之氏

 

個人的には、今回の事件は

そもそも貴ノ岩の礼儀に問題がな

ければ、暴力事件に発展しなかっ

たと思っています。

 

強いて言えば、貴乃花親方の教育

不足とさえ感じます。

 

貴乃花親方の礼儀に欠ける態度を

見れば、更に強く感じます。

 

さておき

 

貴乃花親方の処分発表の時の池坊

議長は「相撲協会寄りの発言」と

いうのは坂上忍。

 

評議委員会は中立的立場でなけれ

ばいけないのに相撲協会寄りの判

断をしたという。

 

何を根拠に「相撲協会寄り」と

言っているのかわかりません。

 

一個人の意見ですから、反論する

つもりはありませんが

 

 

「反対意見があってもいいんだけ

どさ〜」

と言いながらも

 

坂上忍の考えにそぐわない意見を

言う人に対しては、ダメ押しをす

る。

 

話題は水泳界の暴力事件へと変わ

ったのだが

 

「吉田みたいなのが一番よくない」

何かというと吉田批判する坂上忍。

 

坂上忍の考えに従わなければ、いじ

り倒されるのがバイキングのようだ。

 

余談ですが、坂上忍が子役に演技を

教える際は、手は上げないにしても

幼い子役に対して、汚い言葉で突っ

込む。

 

法的には違法ではないが

言葉の暴力を振るっている人間と

いうことは否定できない。

 

流浪猫

 

SponsorLink

 

 

不可解な結末。消え去った「貴ノ岩」

  • 2018.01.10 Wednesday
  • 22:57

日馬富士の暴力事件が

いつの間にか白鳳批判に代わり

 

貴乃花親方の”だんまり”が

擁護され

 

相撲協会の組織への批判へと

 

暴力事件とはリンクするものの

争点は大きく方向を変えていきました。

 

日馬富士も白鳳も伊勢ノ浜親方も

貴乃花親方も

 

それぞれ、処分が確定しました。

 

ワイド―ショーもニュース番組も

この事件を報道しなくなりました。

 

しかし、今なお不透明なことが

残されています。

 

それは、事件の発端となった

「貴ノ岩」のケガです。

 

貴ノ岩のケガの容態が

明らかにされないままです。

 

診断書も提出されたという

話を聞きません。

 

それよりも

「被害者」と言われながら

世間の同情を集めた貴ノ岩は

一度も姿を現すことがないばかりか

行方知らずとは全く解せません。

 

流浪猫

 

>

 

「見かけ」で勝てない女性は●●で勝負すべし

  • 2018.01.10 Wednesday
  • 22:34

美人でなくても彼氏はできる

お世辞にも美人と言えない女性

大食いだけで売っているギャル曽根。

吉本の山田花子。森三中の大島美幸。

 

一般的に言えば

お世辞にも「美人」とは言えない

女性たちです。

 

しかし、美人でなくとも結婚できる

 

そんな彼女たちの共通点は

いい男たちと結婚したことです。

 

男を狙う女性たちの武器

どんな女性でも男の目を気にする

ものです。

 

評判を聞きつけ

高価な化粧品を買い求め

化けることに時間を費やします。

 

すぐにやめてしまう

カロリー制限に糖質制限を

試みます。

 

行きもしないトレーニングジムに

高額な料金を払って会員になって

安心します。

 

生まれつきの美人たちには勝てません

いくらダイエットに励んでも

時間をかけて化粧をしても

スタイルの良い美人には

勝てません。

 

”見かけ”で勝負しても

勝てないのです。

 

ギャル曽根はどうやって彼氏を手に入れたのか

男たちは女性の甘い”香り”に

ドッキとします。

 

女性フェロモンの香りは

堪りません。

 

ギャル曽根の武器はシャンプーと

リンス

 

男性と会う機会があるとき

必ず、出かける直前に

たっぷりとシャンプーとリンスで

髪を洗ったのです。

 

目当ての男性の横で

男性に髪を触らせ、甘く清潔感漂う

”香り”を嗅がせる作戦です。

 

もう一つの武器

一般的に男性は女性の手料理に

弱いようです。

 

一時は”肉じゃが”が流行したの

ですが

 

ギャル曽根の武器は

”ドライカレー”だったといいます。

 

徹底的にドライカレーを勉強し

男性が喜ぶドライカレーを

作ったといいます。

 

流浪猫

 

SponsorLink

貴乃花親方は被害者ではない

  • 2017.12.28 Thursday
  • 18:06

貴乃花親方の処分が決まる

貴乃花親方の理事会における処分が

「降格」勧告で決定しました。

 

降格勧告の処分が重すぎる

というコメンテーターが

多いのですが

 

貴ノ岩の受けた暴力と

貴乃花親方が行ってきた行動とを

混同しているコメンテーターが

多いです。

 

今回の貴乃花親方の処分は

日馬富士の暴力事件とは

リンクはするものの

 

まったく別案件と

考えなければなりません。

 

貴乃花親方を「被害者」として

案件の区別ができない

無能なコメンテーターは

必要ないです。

 

 

被害者は貴ノ岩であり貴乃花親方ではない

日馬富士の暴力事件での

被害者は貴ノ岩であり

 

貴乃花親方は相撲協会への

事件の報告義務や危機管理委員会

に対しての非協力的な態度が

問題になっているです。

 

貴乃花親方が「理事」でなかった

ならば、報告の義務もこれほど

問われなかったはずですが

 

あくまでも相撲協会という

組織の中枢にある「理事」という

立場の人間なのです。

 

相撲協会に対しての不満や

改革の意識をもって

 

かつ理事を退任の覚悟をもって

「沈黙」という態度をとって

きたはずです。

 

「降格」という処分が重いとか

今更論議するのはおかしな話です。

 

「理事」という立場で

組織の一員であるならば

 

警察当局へ被害届けと同時(後でも

いい)相撲協会へ報告するのは

当然のことです。

 

また、日馬富士の暴力事件に

関して、危機管理委員会に非協力的
な態度は戦略ミスと言わざるを得ません。

 

賢い交渉術

交渉で賢い方法は

喧嘩腰で接しないことです。

 

喧嘩腰になれば

売り言葉に買い言葉で

うまくいくはずの交渉も

流れてしまいます。

 

喧嘩の方法

同じ喧嘩をするにも

その方法はさまざまです。

 

日本人で多いのが

「言葉で」脅しをかける方法です。

 

「てめえ!この野郎!」

 

と口では勇ましいのですが

まったく手は出しません。

 

その次が殴り合いの喧嘩です。

思い切り殴り合って

 

後はスッキリ。

 

一番ねちっこいのが

「無視」することでは

ないでしょうか?

 

一見「沈黙」が男らしいと

勘違いされるのですが

 

「不動」の中に「心の広さ」があれば

いいのですが

 

単に、相手を無視するだけでは

相手に不快感を与えるだけです。

 

弱い女性がつかう方法です。

 

貴乃花親方の戦術ミス

どんなに正論を唱えたところで

どんなに貴乃花親方を擁護する

人がいても

 

客観的に見れば

「だんまり」作戦は
戦術ミスと言えるでしょう。

 

流浪猫

 

SponsorLink

八代英輝弁護士がだんまり

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 18:48

 

今日の「ひるおび」おかしいです。

貴乃花親方の処分問題の報道で

司会の恵氏は八代氏に

コメントを求めません。

 

八代氏も

貴乃花親方の件については

貴乃花親方を真似ているのか

沈黙のまま、一切コメントを

しませんでした。

 

流浪猫

 

SponsorLink

 

今なお不可解な「貴ノ岩のケガの具合」

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 16:04

 

日馬富士の暴行事件も

日馬富士の引退

伊勢ヶ浜親方の理事辞任

横綱白鳳および鶴竜減額処分

八角理事長の減給処分

 

残すのは

貴乃花親方の聴取と

処分問題とされていますが

 

貴ノ岩のケガの容態が

まったく隠されたままです。

 

当初、頭を9針も縫うけがが

話題となりました。

 

しかし、当初公表された「診断書」

によれば

 

「重い傷」ではないと

多くの医師たちのコメントが

寄せられました。

 

にもかかわらず

一カ月以上も経過するにも

貴ノ岩の所在が明らかにされず

診断書も提出されず

 

ただ、「入院している」とか

「容態の経過は良好」とか

 

「被害者」として

擁護され過ぎの状況と

言わざるを得ません。

 

ケガの容態が本当に良くないのなら

医師の診断書をもって

容態の事実を明らかにするのが

当然ではないのでしょうか?

 

すべきことをせずに

被害者という立場を強調しても

 

貴ノ岩や貴乃花親方の

聴取での話を信じることは

難しいと言えます。

 

流浪猫

 

SponsorLink

 

貴ノ岩「僕は悪いことはしていません」

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 15:55

検察の結果が出るまでは

危機管理委員会への協力を

控える姿勢をとっていたのですが

 

19日、検察の許可が出たという

理由で貴ノ岩の聴取がされました。

 

貴ノ岩曰く「説教が一段落したと

思ったのでLINEの返事をしたので、

無礼なことをしたとは考えてなく、

日馬富士がどうしてこんな仕打ちを

するのか理解できなかった」

 

貴ノ岩を被害者として

擁護する人が多い中

 

貴ノ岩の態度を批判する

人もいます。

 

山本譲二

「おやじ北島三郎が説教している時に

弟分小金沢が携帯電話をいじって

いたら即刻、ぶんなぐっているだろう」

 

グッディ、高橋克実

「貴ノ岩の立場でいたら

携帯電話の電源を切っておく」

 

小生も剣道に携わる者で

「礼儀」をもって接するのは

ごく当然と思うのです。

 

相手が道場の先生であろうが

他の剣道会の先生であろうが

他の剣道会の門下生であろうが

 

礼儀をもって接するのが

武道を志す者にとって

当然なのです。

 

当初より、貴ノ岩の無礼な態度には

批判的な立場でいます。

 

(だからと言って

日馬富士の暴力を肯定するもの

ではありません。)

 

しかし、時代の違いなのでしょうか

貴乃花親方の指導方針なのでしょうか

 

貴ノ岩に罪の意識がないのは

非常に残念です。

 

仮に貴ノ岩が携帯電話をいじり

日馬富士に平手で殴られた時点で

 

心から謝っていれば

こんな大事にはならなかった

はずです。

 

しかし、「悪いことはしていない」

という罪の意識がないのですから

 

貴ノ岩は「謝った」と言っていますが

心から謝ったものではないと

推測されます。

 

また、「自分は悪くない」と

思う限り

 

「相手の目を見ただけ」と言っても

その眼には「何で殴るのだ!?」という

反感の気持ちで見たのでしょう。

 

そのために

「相手の目を見ただけ」ではなく

自然に日馬富士を「睨み返した」と

推測されます。

 

この態度が、日馬富士の逆鱗に触れ

暴行事件へと発展したと思って

います。

 

礼を尽くして、「叱られても

しかたない」という

 

反省の気持ちがあれば

こんな大事にはならなかった

はずなのです。

 

流浪猫

 

SponsorLink

 

ひるおび八代英輝弁護士の偏ったコメント

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 15:18

ひるおびのレギュラー

八代英輝弁護士の

コメントがあまりにも

偏り過ぎているようです。

 

八代弁護士といえば

番組を批判したり

言葉尻を拾って皮肉ったり

ひるおびの降板もささやかれて

いるようです

 

 

日馬富士の暴行事件においても

当初より、貴ノ岩が「被害者」という

観点から、コメントには偏りが感じ

られました。

 

貴乃花親方を批判する必要も

ないのですが

 

一種の報道番組であるならば

客観的なコメントをするのが

当然ではと思うのですが

 

あまりにも

貴乃花親方や貴ノ岩を

擁護しすぎる発言が多く

 

貴乃花親方より

高額な弁護料を貰っているのかな

と疑いたくなります。

 

流浪猫

 

SponsorLink

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

sponsord link

実戦中国語講座

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM